働きながら公認会計士に!講座ってどんな内容?

公認会計士の資格取得について。社会人講座を利用しよう!

土日集中講義やWeb通信のあるスクール

Pocket

会社で働きながら公認会計士の試験勉強をするのは、容易ではありません。その為、社会人向けの講座で勉強される方が多いのですが、選ぶ際にチェックしてもらいたいのが、平日と休日の講座内容の違いです。平日は会社で忙しい方の場合には、教室通学が大変という方もいると思いますが、会社が土日はしっかりと公認会計士の勉強に時間をさけると思います。そんな時には、土日に集中講義のあるスクールがおすすめだと言えます。土日はスクールでの講義が9時から17時くらいまであるような集中講義のあるスクールがおすすめです。

また、平日は通学できないという方のために、自宅でWeb通信を利用して学習できる完全サポートの学習スタイルのあるスクールも増えております。リアルタイムではなく、過去の講義を参考に勉強する事ができるDVDを配布しているようなスクールもあります。会社の就業時間や個人の能力などは一人一人違っています。それらに完全に合わせるのは個別向けのスクールでも不可能なのです。講義の内容はスクールによって様々ですし、もちろん配布される参考書なども違っております。金額などもスクールごとに違いますので、選ぶのはとても大変だと思いますが、講義内容や勉強スタイルなどをチェックして、より良い社会人向けの講義を見つけてください。

関連サイト〔http://www.o-hara.ac.jp/best/kaikeisi/
・・・通信講座のある専門学校「資格の大原」のホームページです。

公認会計士の社会人講座の内容

Pocket

公認会計士の社会人講座の内容は、それぞれのスクールによって違っておりますので、より自分のライフスタイルにあった講座の内容が多いスクールを選ぶのが、公認会計士の試験に合格するための最短距離だと言えます。色々な講座の内容がありますが、その中でも最も重要視しなければいけないのがオンライン質問機能の有無です。

社会人の方の場合には、どうしても定時に会社から帰れる事が保障されているわけではないので、時には取引先の方と食事をしたり、出張で帰宅が遅くなったり、残業などで定時に帰れないような事は良くある話です。その為、社会人向けの講座に出席することができない事も十分に考えられます。しかしオンラインの質問機能を使えば、自宅に居ながらも講師の先生にオンタイムで質問をぶつける事ができますので、時間もかからず直ぐに次の部分に進む事ができます。

もちろんスクールに行く事が出来なかった講義の内容を閲覧できるようなシステムが整っているのはとても重要なポイントだと言えます。とにかく社会人講座に関しては、少ない時間でしっかりと勉強できるようなシステムが整っていると言う事が重要になってきます。その辺りをしっかりと確認してからスクールに入学する事をおすすめします。

働きながら公認会計士になる

Pocket

公認会計士の試験は、本当に試験範囲が広い上に、テストの難易度もかなり高目です。また、試験範囲もすべての教科でまんべんなく出題されますのでヤマをはって短期間で試験を突破するような事はできません。泥臭くとにかく知識を詰め込んでいかなければ合格ボーダーには辿りつけません。

社会人の方が公認会計士試験に合格するために最も大きな障害になってくるのがやはり勉強時間だと言えます。社会人として働いている方は、朝から晩まで働いているという方も多く、どうしても勉強時間を確保するのが難しくなってきます。その為、社会人の方の中で公認会計士試験にチャレンジする場合には、会社を退職して背水の陣で臨まれる方も決して珍しくありません。もちろん、仕事を辞めたからといって絶対に合格できるような簡単な試験内容ではありませんので、難しい所です。その為、社会人の方は公認会計士の試験に合格する為に、社会人向けの公認会計士講座などに申し込んで勉強している方がほとんどになります。もちろんスクールですのである程度まとまったお金が必要になりますが、それでも合格率の高まる講座に登録するのです。

そこでこちらのページでは、これから公認会計士の試験勉強を始めようと思っている方のために、公認会計士の社会人向けの講座についての情報をご紹介します。公認会計士の社会人講座の内容であったり、会社のある平日と、会社が休みになる休日の勉強方法などについてもご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén